スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

アサルト13-要塞警察-

こんばんわ。オリンピックも始まり、日本は残念な結果が続いていますが、どのくらいメダルを取れるのでしょうかね!?楽しみです。

 さて、今日お届けする映画は、洋画です。ジャンルは、アクションで公開は2月18日です。明快でダイナミックな設定、予想を裏切る急展開、個性的な俳優たちの息詰まる心理戦と、サスペンス・アクションの醍醐味が過不足なく詰め込まれた作品です。

 


 1000357_01.jpg


 監督:ジャン=フランソワ・リシェ
 出演:イーサン・ホーク
     ローレンス・フィッシュバーン
    ガブリエル・バーン
     ジョン・レグイザモ
    ブライアン・デネヒー  他


ストーリー

 デトロイトの、とある一室で、ジェイク・ローニック(イーサン・ホーク)は、麻薬の取引をしようとしていた。だが取引相手の一人がローニックの仲間の顔を覚えていて、警察の囮捜査であることがばれてしまう。一瞬にして修羅場と化し、一度に2人の死を目前にして呆然となった・・・。

 それから8ヵ月後。デトロイトは雪が激しく降り続き、グレーの工業地帯を真っ白く染めていた。そんな中に“13分署”がある。デトロイトで最も古い“13分署”は、数時間後の新年に幕が降ろされる。残務整理はだいぶ進み、署内は実に閑散としていた。周囲の工場はどこも閉鎖していて、人気が全く無かった。

 そして新年を迎えた。

 ひどい吹雪のせいで、犯罪者たちを乗せた護送バスが刑務所に向かう途中、“13分署”に緊急避難することになった。一時的にビショップ(ローレンス・フィッシュバーン)らを監禁することになったが、ローニックは人手が少ないためか、どこか不安を感じていた。

 その不安は的中した。2人の覆面男が裏口から侵入した。2人の侵入者は、間もなくローニックによって射殺された。だが電話は不通、携帯電話も妨害電波のためか通じない。

 外を見ると、武装した人影が動き回り、“13分署”を徐々に包囲していく。ビショップの名前を差し出せというのだ。

 ジャスパー(ブライアン・デネヒー)は、ビショップを引き渡そうと勧めるが、ローニックは忌まわしい過去がよぎったのか、警官殺しの犯罪者は絶対に渡さないと考えていた。

 助けを呼ぼうと外に出たローニックに、一人の男が襲いかかってきた・・・。それは・・・。
 
 ローニックは決意する。

 犯罪者ビショップらに協力をあおぎ、一緒に戦うしか生き残る術はないと・・・。

 


 この映画をもっと知るために

 アクション&ホラー映画の巨匠ジョン・カーペンターが、76年に生んだ脱出劇アクションの傑作で現在のアクション映画の人気作家らに多大な影響を与えた「要塞警察」。

 その伝説的な作品が、フランスの若き鬼才ジャン=フランソワ・リシェと、ハリウッド・アクションの金字「交渉人」を手掛けた脚本家ジェームズ・デモナコによって、更なる迫力と緊迫感溢れた大作として現代に新しく生まれ変わった。

 「トレーニング デイ」でアカデミー賞にノミネートされたイーサン・ホークがローニック巡査部長を演じる。

 対する凶悪犯ビショップには、「マトリックス」3部作で強烈な存在感をアピールしたローレンス・フィッシュバーンが扮する。

 また、アクション・ドラマを個性的な出演者たちが盛り上げている。

 ブログランキングranQ

 ↑最後まで読んで頂きアリガトウございます。応援にポチッとお願いします。

 

 
スポンサーサイト

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/11(土) 13:47:06 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/05(金) 06:40:39 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/28(月) 18:36:46 | | #[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。