スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

同じ月を見ている

 どーもです。こんばんわ~。土・日は実家に帰ってました。そして、悲しいお知らせをしたいと思います!!!



 実は、免許更新のために実家のに帰ってたのですが、そこで事件は起きました。目の検査を終え、更新手続きも終え、いよいよ次に事件が起きます。

 次は写真撮影でした。もうほとんどの人が予想していると思いますが、なんと予想通りです。そこにいたおじちゃんとの呼吸が合わずにトモゾウちょっと焦りました。講習も終わり、まあ大丈夫かなって思ったのもつかの間でした。トモゾウの予想通り、かなりヤバイ顔してましたわ!!大丈夫かなと思った自分が恥ずかしいです。例えでいったら、気絶したレギュラーの西川君の目をしちゃってました。あそこまでひどくはないのですが。次の更新まであの顔とは・・・(涙)

 何かの会員になる時に店員さんに引かれたらどうしよう(汗)

 みなさんもちゃんと呼吸を合わせないと大変なことになりますので、ご注意を!!みなさん、最後まで聞いてくれてありがとうございます。

 さあ、今日ご紹介する映画は窪塚洋介の復帰第一作目の作品。主題歌には、この映画のために書き下ろしたという久保田利伸。そして、土田世紀の原作を映画化した作品です。公開は、11月19日です。




c388114d.jpg


 監督:深作健太
 出演:窪塚洋介
     黒木メイサ
     エディソン・チャン
     山本太郎 他
 ストーリー
 10歳の時に出会った恋人エミ(黒木メイサ)の心臓病を自分の手で治したいため、医者の道を歩む青年・熊川鉄矢(窪塚洋介)。エミと結婚するという幼い頃からの夢の実現を目前に控えた彼のもとにある知らせが届く。それは、7年前にエミの父親の命を奪った山火事事件で、その犯人として服役していた幼なじみの男が刑務所を脱走したといういう知らせだった。男の名は、水代元、通称ドン(エディソン・チャン)。

 ドンには、人の心を絵に描き、人に安らぎを与える不思議な力を持っていた。幼心に、自分にはない不思議な力を怖れていた鉄矢は、今の安らかな日々が壊されるのではないかと不安を感じるのであった。そして、ドンは一枚の絵を届けるためにエミの元へと向かっていた。

 その途中、ヤクザの金子(山本太郎)と出会い、彼の心を癒していく。金子は、再び人生の意味に目覚めてゆくのであった。金子の協力を得て、エミの住むマンションにたどり着いたドンだが、鉄矢に再会を遮られてしまう。

 鉄矢の変化に気づき、エミの心も揺れていた。近くにいるはずの鉄矢を遠く、遠くににいるドンを近くに感じてしまうエミ。そんな中、ドンは再び姿を消した。そして、7年前のあの日の真実が明らかになっていくのであった・・・。




 感想
 窪塚洋介さんの復帰第一弾の作品です。すごい興味があります。それでも、やはり窪塚洋介ここにありって感じだと思います。主題歌も久保田利伸さんが書き下ろしたんですよ。豪華ですよね!!個人的には、山本太郎さんの役柄はフィットしていて見ごたえあるのではないかと思います。かっこいいですよね!!トモゾウ結構好きなんですよね。一度ご覧になってみてはいかがですか。
スポンサーサイト

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

●『同じ月を見ている』11月19公開。窪塚洋介久々の復帰映画。『鳶はグルリと』が最初かな?黒木メイサ舞台版の『あずみ』をやっているのには驚き今後の活躍に期待大です。『頭文字イニシャルD』のエディソン・チャン。「同じ月を見ている」オリジナル・サ....
2005/11/11(金) 12:58:41 | 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。