スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

オリバー・ツイスト

 まず最初に右下にある全国書店売り上げランキングを更新しましたので、ぜひ一度ご覧下さい。

 さて、今日お届けする映画はイギリスで製作された映画です。ジャンルは、ヒューマンです。この映画は、アカデミー賞に輝いた「戦場のピアニスト]の巨匠、ロマン・ポランスキー監督の最新作。ご期待あれ。公開は、1月28日から全国ロードショー。

 


 1000527_01.jpg


 監督:ロマン・ポランスキー
 出演:バーニー・クラーク
     サー・ベン・キングスレー
     ハリー・イーデン
     ジェイミー・フォ 他


 ストーリー

 19世紀、英国。養育院で育った孤児オリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、教区吏のバンブル氏(ジェレミー・スウィフト)に連れられて、自分の生まれた救貧院へ戻される。9歳に達した彼は、これからはここで他の子どもたちと麻屑作りの労働に従事するのである。

 救貧院の制度が新しく変わり、食事は粗末になっていた。空腹の子どもたちは何ヶ月も耐えた末、遂に、お粥のおかわりを要求する者をくじ引きで選ぼうと決める。くじを引いたのはオリバーだった。夕食の席でおずおずとおかわりを求めた彼は、憤慨した救貧院の委員たちから追放処分を受けることになる。

 10歳になったオリバーを引き取ったのは葬儀屋のサワベリー氏(マイケル・ヒース)だった。彼は、美しく哀しげな表情をしたこの少年が葬儀のお供の役目に適任と考える。だがこの抜擢はもうひとりの徒弟ノア・クレイポール(クリス・オーヴァートン)の敵意を買う。

 、オリバーはこっそりサワベリー家を出て行った。行く当てはなかったが、道端の里程標に刻まれた“ロンドンまで70マイル”の文字が彼の心を決めさせた。

 やっとロンドン郊外までたどり着いた時、大人のような妙な身なりをした少年、アートフル・ドジャー(ハリー・イーデン)に声をかけられる。彼はオリバーに盗んだパンを食べさせ、タダで泊まれるところがあると言って、ロンドンの裏通りにある家へと連れて行った。

 主のフェイギン(サー・ベン・キングズレー)はおどけた仕草で歓迎の意を示すと、賑やかな夕食の席にオリバーを招く。こうして彼のロンドン生活が始まったが・・・。

 


 この映画をもっと知るために

 『戦場のピアニスト』で自らの少年時代の戦争体験という〈過去〉に向き合ったポランスキー監督が、次に目を向けたのは〈未来〉だった。そして、最新作の素材として選んだのは、19世紀英国の文豪チャールズ・ディケンズの名作「オリバー・ツイスト」だった。

 これは天涯孤独の少年オリバーが、幾多の苦難に会いながら、その純粋な心を失うことなく、本当の幸せをつかむまでを描いた感動の物語だ。19世紀ロンドンのバックストリートに放り込まれながら、決して悪に染まることなく生きてゆくオリバー。無垢な少年が引き起こす感動のドラマに託されたポランスキー監督の、これから〈未来〉を創りあげていく人々への思いが、再び世界中の観客の魂を揺さぶることだろう。

 オリバー役は、新星バーニー・クラーク。当時11才だった彼は、オーディションでポランスキー監督の心をつかみ、初の大役を獲得した。バーニーは健気で真摯な存在感を発揮し、並居る俳優たちの中においても観る者全ての目を惹きつける。

 もうひとりの主役とも言える、フェイギンに扮するのは、、『ガンジー』でアカデミー賞を受賞した名優サー・ベン・キングズレー。本人とわからないほどの凝ったメイクと演技で話題を呼んでいる。

そして、制作費80億円という圧倒的スケールで19世紀のロンドンを再現したのも見ものである。

 ブログランキングranQ 

 ↑最後まで読んで頂きアリガトウございます。応援にポチッとお願いします。



スポンサーサイト

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画

| trackback:2 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

こないだの話です!日記の書き方ってこんな感じで良いんですか?どう思うぅ?あたしだけかしらネ…
2006/01/23(月) 17:25:30 | 初めましてなブログ
苦節ウンヶ月の末の初日。感動もひとしおです。初回に映画館に行ったときはドキドキで、もっとお客さんカモ~ンと心で叫んでいましたが2回目、3回目と順調にお客さまが増えていくのを見てほんとうにうれしかったです。もちろんまだまだですが、日曜日そして平日も期待できる
2006/01/29(日) 02:50:33 | 映画『オリバー・ツイスト』ブログ ~ロンドンまで70マイル~
Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。