スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

悪魔の棲む家

 今日は、邦画じゃない映画をご紹介します。洋画です。しかも、とびっきりのホラーですよ。公開は、1月28日です。この映画ですごい恐怖を味わうかも!?




 
 1000649_01.jpg


 監督:アンドリュー・ダグラス
 出演:ライアン・レイノルズ
     メリッサ・ジョージ
     ジェシー・ジェームズ
     フィリップ・ベイカー・ホール 他




ストーリー

 1974年11月13日午前3時15分、ダッチコロニアル様式の大邸宅の地下室で、長男ロナルドが目を覚ました。ショットガンを手にした彼は、家族全員を次々と射殺した。

 1年後、ジョージ(ライアン・レイノルズ)と妻のキャシー(メリッサ・ジョージ)が、夢にまで見た大邸宅での生活に心を躍らせる。

 だが次第にジョージは異様な寒気と不眠に悩まされるようになり、末娘のチェルシーはジョディという姿が見えない友達と交流をするようになる。

 やがてジョージやチェルシーの奇妙な行動が目立つようになり、次第に家族の間にも亀裂ができ始める。

 果たしてこの夫妻と子どもたちの運命は・・・。そして、謎の声を発するこの家に隠された恐るべき秘密が徐々に明らかになる・・・。

 


 この映画をもっと知るために

 1979年、ジェームズ・ブローリンマーゴット・キダー主演で公開された『悪魔の棲む家』。本国アメリカで大ヒットを記録し、日本のホラーファンにも熱狂的に受け入れられた。今もカルト的な人気を誇るこのオリジナル版だが、ニューヨーク州で実際に起こった出来事を基に作られたことはさほど知られていないかもしれない。

 本作はそのオリジナル版『悪魔の棲む家』に、さらに現実に起きたエピソードを膨らませて盛り込み、よりリアリスティックな恐怖を味あわせてくれる、いわばドキュメント・ホラーともいうべき作品だ。

 ジョージを演じるのは、アメリカではコメディ演技で定評があったライアン・レイノルズ。今回は心優しかった夫であり義理の父親であった男が、次第に“家”の声により、精神的に追いつめられていく様を鬼気迫る演技で見せている。

 妻キャシーには『マルホランド・ドライブ』のメリッサ・ジョージ

 一家を見守るキャラウェイ神父には名脇役として知られるフィリップ・ベイカー・ホールが扮している。

 ブログランキングranQ

 ↑最後まで読んで頂きアリガトウございます。応援にポチッとお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。