スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

あおげば尊し

 今回も邦画をご紹介します。なんか最近邦画が多いような・・・。4日連続ですもんね(汗) 明日は邦画じゃないのをご紹介しますね。最近たくさんご紹介したい作品が多いですよ。なので、様々な映画を紹介できるようにしたいです。偏りはだめですね。今日は、ご勘弁を。

 さあ、今日紹介する映画は、テリー伊藤さんが初主演した"この"映画です。家族の物語であり、死を見つめた作品である。ジャンルは、ヒューマンで、1月21日、シネスイッチ銀座などにて公開です。そして、全国順次公開となっております。

 


 1000742_01.jpg


 監督:市川準
 出演:テリー伊藤
     薬師丸ひろ子
     加藤武 他


ストーリー

 末期のガンで病院に入院していた父に余命が宣告された。

 長くてあと3ヵ月・・・。


 やるだけのことはやった。これから僕ら家族が出来るのは、父の望むような日々を過ごさせてやることだけだ。

 小学5年生のクラス。光一(テリー伊藤)は、子どもたちにパソコンの授業をしていた。クラスの田上康弘の画面に死体の写真が写し出された。「消しなさい」と光一は強い口調で言う。

 その後も、田上は死体に興味を持つ。そして、光一に聞く。「なんで死体を見ちゃいけないの?先生いつもいろんなことに興味を持ちなさいって言ってるでしょ」と。真顔で訊ねる田上に、モラルなどを持ち出しても意味がない。じゃあ、どうすれば・・・。

 父と僕と同じ教師だった。冷たくて頑固で、誰よりも厳しい教師だった。

 「ガキのうちはいいんだ、どんなに恨まれたって。彼らが大人になった時に俺の教えが分かってくれれば、それでいい」それが父の口癖だった。

 そんな父に、教え子から年賀状さえ来たことがない。見舞いにも誰も来ない。

 父の体調は日ごとに悪化していった。「父さん、うちのクラスの子どもたちに会ってくれる?ずっと一生懸命生きてきた父さんが、今こうして命を見つめている姿を、見せてやりたんだよ・・・。」

 母は、やめなさいと声を震わせた。

 「み、せ、て、や、れ」

 父は、苦しそうに呼吸しながらそう言った。

 はじまった光一の課外授業。
 
 けれど、興味を示したのは田上だけだった。

 でも、それでいい
 
 父さん、僕らに教えてほしいんだ。死とは、生きることとは、一体何なのかを。

 もうすぐ春。庭の梅は間もなく満開になる・・・。

 


 この映画をもっと知るために

 主演は、映画初出演のテリー伊藤さん。手探りで答えを探す主人公光一を、TVとは全く異なる印象で見事に
演じています。

 そして、家族の中で誰よりもまっすぐに死を見つめている妻・麻理に、薬師丸ひろ子さん。

 さらに、光一の父に名優加藤武さんなどが脇を固める。

 『トニー滝谷』の市川準監督最新作。今作では、余命わずかな父とそれを看取る家族の物語に加え、親子2代で教師という職にある父と息子の交流を通して、時代とともに難しくなっていく教育現場の葛藤や、それでもなお変わらぬ「教える」という行為の尊厳を、市川監督らしい人間観察眼と静謐な語り口で描き出してゆく。

 原作は「ビタミンF」の直木賞作家、重松清さんの同名小説で、ふとした日常から社会の実像を切り取る筆致は市川演出との親和性に富んでおり、淡々とした中にも厳かな感動が脈打つのを感じられるだろう。

 ブログランキングranQ

 ↑最後まで読んで頂きアリガトウございます。応援にポチッとお願いします。

 

 
 
スポンサーサイト

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画

| trackback:3 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

v-4v-10v-238太字の文v-97色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文
2006/11/06(月) 17:45:24 | URL | #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのあおげば尊し情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。
2006/01/29(日) 11:56:33 | □film-navi〔フィルムナビ〕
映画[ あおげば尊し ]@シネスイッチ銀座で鑑賞。正直言います。自分でもよくわからないのだが、映画が始まって10分くらいから涙が出て止まらなかった。[ あおげば尊し ]は、直木賞作家重松清原作の同名小説の映画化。監督は[ トニー滝谷 ]の市川準。本作も[ 疾走 ]
2006/01/29(日) 16:38:03 | アロハ坊主の日がな一日
期待値:100%  テリー伊藤が映画初主演。 命の重さを問う感動ドラマということです。 予告編:ホー
2006/02/02(木) 12:09:18 | 週末に!この映画!
Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。