スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

 おはようございます。今日は朝に映画をご紹介します。さあ、今日ご紹介する映画は2006年アカデミー賞最有力候補のこの映画です。ジャンルはヒューマンで洋画です。公開は1月14日となっています。

 


 1000707_01.jpg


 監督:ジョン・マッデン
 出演:グウィネス・パルトロウ
     アンソニー・ホプキンス
     ジェイク・ギレンホール
     ホープ・デイヴィス 他
 ストーリー

 どんな悲しみに出会っても、希望は必ず訪れるー

 
 彼女の誕生日──父が死ぬ前に買ってくれた1本のシャンパン

 一人でシャンパンをボトルから直接飲みながら、キャサリン(グウィネス・パルトロウ)は26歳の誕生日を迎えた。若さと、美しさと、天才的な数学者としての才能があるが、彼女は生きる気力を失っていた。天才数学者と讃えられた父ロバート(アンソニー・ホプキンス)が、1週間前に亡くなったのだ。キャサリンは父を入院させず、たった一人で看病したが、研究を再開してほしいという願いは叶うことはなかった。

 思い出の中に引きこもるキャサリンの心を、ノックしたのは数学者のハル(ジェイク・ギレンホール)だった。ハルは研究室でキャサリンをひと目見たときから、ほのかな想いを寄せていた。


 姉の帰還──お土産は健康的な朝食とホホバ入りコンディショナー

 父の葬儀に出席するために、キャサリンの姉クレア(ホープ・デイヴィス)がニューヨークからやって来た。まるでビジネスをこなすように、キャサリンの朝食を準備し、喪服を買い与え、参列者の食事の手配までテキパキとこなすクレア。彼女は、父の病がキャサリンに遺伝していると疑っているらしい。


 父の葬儀──「父が死んで、私は喜んでいます」

  シカゴ大学の荘厳なチャペルで、ロバートの追悼式が行われている。突然、キャサリンが演壇へ向かう。が発病して5年、目の前にいる友人、教え子、誰一人助けてはくれなかった。天才と讃えられた父がどんどん壊れていくのを私だけが見ていた・・・。こみあげる怒りと悲しみに身を任せ、キャサリンは父の最期の日々を語り始めた。

 葬儀の後、傷ついた心を抱えた自分を優しく見守ってくれるハルに、少しずつ心を開き始めたキャサリンは、その夜、ハルと恋におちた。


 誰かのノート──ロバートのデスクに隠された世紀の発見

 久しぶりの、喜びに満ちた朝の空を見上げるキャサリン。。少し恥ずかしそうなハルに、キャサリンは首から提げた1本の鍵を差し出す。それはロバートの書斎のデスクの鍵だった。、書斎から興奮のあまり声を震わせたハルが1冊のノートを手に現れる。そのノートには、名だたる数学者がずっと昔から挑戦しているにもかかわらず、誰も成し遂げられなかった定理の証明が記されていたのだ。ロバートは狂ってなどいなかった。キャサリンは静かに宣言する。「その論証を書いたのは私よ」と。

 その一言が、自分の人生を大きく揺り動かすとも知らずに・・・。

 


 この映画をもっと知るために

 ハリウッドの女優たちがこぞって出演を望み、ピュリッツァー賞トニー賞、数々の賞に輝いた舞台の初完全映画化を実現した作品です。

 本作は、二度と立ち上がれないほど深く傷ついた一人の女性、キャサリンの魂の再生の物語です。家族の死、失恋など、誰の人生にも様々な困難が待ち受けている。それでもまた人を愛することで、そして何より自分自身を信じることで、人は再び歩き出すことができる。希望に輝く朝が必ずまた訪れる。キャサリンはそれを私たちに感動的にプルーフ(証明)してくれるのだ。

 主演は本作で、キャリアの中で最高の演技と全米でも高く評価されているグウィネス・パルトロウ

 父ロバートを演じるのは、「羊たちの沈黙」でアカデミー賞を受賞した、名優アンソニー・ホプキンスなど、名匠マッデン監督の呼びかけに応えて一流の出演者が顔を揃えた。

 ブログランキングranQ 

 ↑最後まで読んで頂きアリガトウございます。応援にポチッとお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画

| trackback:1 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

新年のご挨拶
●明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
去年は色々とありがとうございました。
今後とも『映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ』をよろしくお願いいたします。
2006/01/02(月) 21:52:17 | URL | moviemania1999 #SFo5/nok[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

今年の初詣は、何処の神社に行こうかと悩んでいたら、映画館のロビーに神社があった。「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」神社。スタンディの上に鈴が付いていて、紐を引っ張ればガランガランと音がし、願い事が聞き入れられる。神社にはいろんな効能があるが、厄除け、交通安
2006/01/04(水) 10:39:56 | 本と映画の日々  そして、ゆめのつづき
Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。