スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

バッシュメント

 昨日はシドニーFC惜敗でしたね。前半に点が欲しかったところでしたよね。"KING"カズのゴールは次の5位決定戦に期待しましょう。どこが優勝するかとても楽しみです。

 さて、今日は邦画を紹介します。なんと!!監督はあの人です。映画デビュー作ですよ。期待せずにはいられないですよ。公開は12月17日(土)です。

 


 1000617_01.jpg


 監督:布川敏和
 出演:土屋アンナ
     要潤
     中山エミリ
     黒沢茜 他

 ブログランキングranQ

 ↑ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しい限りです。



 ストーリー 

 史上最悪の夜・・・
すべては一夜にして起こった・・・
 

 呪われた人生を送ってきたサーファー元気娘の樹里(土屋アンナ)。幼い頃に兄の隆(要潤)が両親を殺して、失踪。彼女は、兄への復讐を誓いながらも、横浜でゲイを相手の商売をしながら、明るく生きていた。そして、同じくらい辛い過去を持つ馴染みのキララ(松原しゅう)、美鈴(黒沢茜)と3人で日々を過ごしていた。

 ある日、カジノ店に兄が現れるという情報を掴んだ樹里は、キララ、美鈴と共に向かう。しかし、そのカジノではいかさまにはあうは、こっぴどく負けるはで散々な上に、暴れて店を壊し、兄にも会えず、さらに負けた分の借金を24時間以内に返済しないと命がないと言われ、3人は絶体絶命の大ピンチに・・・。

 一方の兄は「隆」という名を捨て、「海人」という名で横浜の裏社会の大物・阿部須(宅間孝行)のキレモノの右腕として名を馳せていた。阿部須は現在東京のギャングとの"ハマ"の利権争いの真っ只中で激化していく中、海人はギャングの密輸を全てを記録した裏帳簿を手にし、ギャングを"裏"から葬ることが出来る。

 果たして、幼くして離れ離れになった兄と妹は再会し、樹里は両親の仇を討つことが出来るのか!?そして、本当の過去とは一体・・。




 より映画を楽しむために 

 主演は、「下妻物語」でその強烈な演技で大ブレイクした土屋アンナさんです。 

 シブガキ隊布川敏和さんの映画監督デビュー作である、タイトルの「バッシュメント」とは、レゲエ用語の意味でお祭り騒ぎの賑やかさだと言う。

 土屋アンナさんを筆頭に共演では、ドラマ・映画で活躍の要潤、幅広い年齢層に好感度抜群の中山エミリなど個性あふれる方々が脇を固め、本編により一層深みを与える。
スポンサーサイト

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

Top

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。